結婚調査概要

結婚調査はいわゆる身辺調査や行動調査に分類される調査で、たいていは結婚前に行われます。

 

結婚する相手について、ひととなりをもっと知りたい、あるいは不審な点があるので調べたい、相手の家族や資産状態を知りたい、など調査する動機は色々です。

 

結婚してしまってから、夫の借金や女性関係が明らかになり、あわてて調査をする人がいますが、少しでも変だなと感じた時に調べておけば慌てたり、後悔したりすることが少なくなるので、思い切って調べるのも良いのではないでしょうか。

 

また、本人の調査だけではなく、親族の中に莫大な借金を持っていて保証人になっていたりする場合など、結婚してしまってからだとその被害が自分にも降りかかってくる恐れもあります。相手や相手の親族のある程度の経済状態が健全なものかどうかも知っておく必要があります。

 

どんなことも直接相手から聞くことができれば、探偵に依頼する必要など無いのですが、聞きにくい場合や相手が隠しているような場合は探偵社に相談してみるといいかもしれません。

名古屋にお住まいの方は、 名古屋市内のちゃんとした探偵事務所の選び方 も参考にして信頼の置ける探偵事務所を探してみてください。

調査費用というのは、探偵社により設定の仕方がそれぞれ異なります。

結婚調査は内容が身辺調査や素行調査になります。

 

人件費は、何人で何日間、行動したかによります。また、その際尾行したかどうか、交通機関で移動したか、自家用車か、などでも異なってきます。
1人が動いたとしても一般的に1日の日当は1〜3万円くらいが目安となっています。

 

人件費以外に交通費、飲食代、宿泊費、ガソリン代と必要経費が加算されることになります。

 

さらに調査が深夜や早朝になれば、時間外料金が別途加算される場合もあります。一般的な結婚調査であれば30〜60万円くらいと言われますが、業者によっては、また依頼者から色々な資料が提出されていて調査がスムーズにできれば安く済む場合があります。まずは相談、見積もりをしてみることです。

 

言えることは、調査費用だけに目がいきすぎると、満足な結果が得られない可能性があるということです。

結婚調査の主な内容

昔の日本での結婚までのプロセスは、身上書交換→お見合い→デート→承諾→結納→結婚式。

 

というのが一般的だったのですが、恋愛結婚が増え、その形が変化しました。
更に近年は合コンや出会い系、SNSなど直接話をすることなくデートし、気が合ったから結婚する。というケースも多くなりました。

 

結婚が決まってから、相手のことを何も知らないことに気がついて調査を依頼するという人がいたり、親が心配して調査を依頼するというケースがあるというのが実情のようです。

 

なので、婚約者の出生時から現在にいたるまでの状況の把握や人物解明。婚約者の家族関係、家庭環境、経済状態、資産、家系などが調査内容となることが多いようです。

探偵業者を選ぶポイント

探偵社を選ぶ際のチェックポイントは、

 

1.探偵業法の届け出をしているか
探偵業届出番号は8ケタです。相談に行った際に確認しましょう。

 

2.会社の所在地が公開されているか
ホームページやチラシなどに会社の住所地の記載がない、電話番号だけが大きく掲載されている場合は、事務所の実体がないと思われます。

 

3.協会や団体への加入をしているか
全国調査業協同組合、国際調査協議会などの団体があります。

 

4.契約を急ごうとする
相談をじっくり聞いて、どのような調査がいいか色々提案してくれるのが良い探偵社です。

 

5.相談を事務所以外のところで行おうとする
実体は電話が1本設置してあるだけの探偵社だったりします。そんな会社は公安委員会への届出もしていない可能性があります。

 

6.提示する調査料金が異常に安い
調査の途中や終了後に色々な名目で、料金を加算して最初の料金の何倍にもなることがあります。

 

7.違法調査をしてでも調査をすることをいとわない
違法が判明すると罰せられます。

 

料金や宣伝文句に飛びつかず、調査方法と体制がしっかりした探偵社を選びましょう。